返済を続ける

債務整理をしたからといって、借金問題から完全に解放されたというわけではありません。
一時的に借金の支払いを続けることが出来る状況になっただけで、同じような金銭感覚でいれば、後にまた返済に困るようになることがあります。
債務整理後に返済が出来なくなってしまうのは、大きく2つのパターンに分けることが出来ます。
1つ目は、一時的に返済が困難になるが返済を続けることが出来ないわけではないというパターンです。
生活をしていると急な出費があったり、収入が一時的に減ってしまったりで、どうしても借金の返済にお金を回すことが出来ない状況もあるでしょう。
返済が出来ないといっても、この場合はその月だけ返済が難しいだけで、翌月以降はこれまで通り返済を続けることが出来るのです。
金融機関と債務整理の際に和解契約というものを結ぶのですが、和解契約の中には、期限の利益を喪失するのは2ヶ月以上返済が滞った場合ということになっていますので、返済が滞った翌月に通常通り返済を行なっていれば、大きな問題になることはないのです。
2つ目のパターンというのが、当月だけではなく翌月以降も返済を行なうことが難しいというパターンです。
この場合は、債務整理の際に結んだ和解契約での2ヶ月以上の滞納ということになりますので、期限の利益を喪失してしまうことになります。
したがって、金融機関は分割返済ではなく一括返済を求めてくることになります。
ただ、返済が出来ない人が一括返済を行なうことが出来るはずもなく、また金融業者は2度目の和解契約を結ぶこともありませんので、自己破産や個人民事再生といった債務整理の方法を選択せざるをえなくなります。